トップページ 会社概要

わたしたちの本当の思い、、、、、そして願い

わたしたちは、広島の企業です。
「なぜわざわざ広島で青森にんにくを売るの?」とよく聞かれます。
わたしの父である先代の社長が、もともと健康について研究するのが趣味で
にんにくの効能の素晴らしさに感動し、サラリーマンを退職後に家族の反対を押し切ってこの会社を設立しました。

もちろん経営は、最初から順風満帆とはいかず、紆余曲折の日々でしたが
「にんにくを通じて 日本をもっと元気に!」という思いは決してゆらぐことはありませんでした。

父は「120歳まで生きる」というのが口癖で、病院のお世話になることもなく元気でした。しかし2012年元旦、自身の誕生日にきっちり80歳で急死しました。
前日まで仕事をしていたので、家族全員びっくりしてしまい、現実を受け入れることがなかなかできませんでした。
仕事の引き継ぎもまったくしていなかったため、その後は激務が続き、残された家族全員がお互いの顔をゆっくり見る時間もない毎日でした。

しかしその間も、父のポリシーだった「健康」を意識していたおかげで、会社が落ち着くまで家族は一人も倒れることなく過ごすことができました。

健康を失えば、仕事も、お金も、喜びも、、、すべてを失います。
健康に気をつければ、誰もが寝たきりにならずに「最後の一日」まできちんと丁寧に使い切り、充実した人生をまっとうすることが可能なのではないかと思います。

私たちは皆様ににんにくを通して「健康の大切さ」をお伝えしていきたいと思っています。


 

にんにく出荷量80トン、中国地方での売り上げNo.1!

弊社は、青森県産のにんにくとその加工商品(食後低臭にんにく、むきにんにく等)を主に販売しています。

にんにく出荷量は国産品だけで80トン以上になり、中国地方のにんにく売上1の実績があります。

にんにく一筋25年、全国約1000店舗のスーパー様とお取引させていただいています。


 

青森からにんにくを仕入れ、広島の弊社で保管いたします。にんにく専用大型冷蔵庫、加工工場も完備しています。

にんにく専用大型冷蔵庫 冷蔵庫1台で最大30トンのにんにくを保管 加工工場のスタッフ
にんにく専用大型冷蔵庫 冷蔵庫1台で最大30トンのにんにくを保管 加工工場のスタッフ

 

会社概要

社 名 株式会社 ワールド物産
代表取締役 近本公人
事業内容 青森県産にんにくの加工・卸販売
設 立 昭和61年12月3日
所在地 広島県広島市安芸区矢野町752-151

大きな地図で見る
電話番号 082-888-4111
資本金 35,000,000円
取引銀行 もみじ銀行焼山支店 広島銀行焼山支店 広島県信用組合海田支店
主要取引先 中四国地方/(株)フレスタ様、(株)ユアーズ様、(株)フーズマーケットホック様、(株)ウシオ様、東宝企業(株)様、(株)ふくしま様、生協ひろしま様、(株)丸久様、ほか
九州地方/(株)マルキョウ様、山利青果様、(株)西鉄ストア様、(株)西紅様、(株)まいづる百貨店様、九州CGC加盟店様(沖縄含む)ほか
近畿地方/大坂中央青果様、フレンドフーズ様、中井青果様、(株)いかりスーパーマーケット様、ほか
北陸地方/瑞穂青果様、サンショウ様、ウオロク様、ほか
東海地方/丸進青果様、丸市青果様、ほか