トップページ むきにんにく

にんにくを使われるお客様とより密接に繋がりたい!
そんな思いから、一昨年より飲食店様向けのにんにく販売を始めました。
その中で気づいたことがあるのでご紹介したいと思います。

1500円のにんにくと2000円の皮むきにんにく
どっちが安いでしょうか?

「そりゃ1500円のほうが安いに決まっとる!」

たぶんこのように答える方が多いと思います。
でも・・・違うんです!
本当は皮をむいたにんにくの方がお得なんですよ(^^)

通常の「にんにく1kg」は、皮のゴミ、傷み、腐りといったロスが約15%発生します。計算すると、
1500円 ÷ 0.85 = 1764.70円
実質的な原価は約1765円なんです。

むきにんにくはあらかじめゴミも腐りも除いてあるので正味1kg使えます。

皮むきの作業時間、仮に時給800円の人が作業したとすると、人件費800円、さらに作業している間の光熱費もかかります。
むきにんにくは袋を開けるだけ、全然作業の手間ヒマかかりません。

見落としがちなのが、調理スペースの占拠。皮むき作業中は、他の食材の調理作業ができません。皮むき作業に場所と時間を占拠されています。

むきにんにくを使うときは冷蔵庫から取り出すだけ。
場所も取らない、時間もかかりません。


 

作業を軽減するだけでなくロスも少なくして
浮いた時間とコストをお客様を呼び込むことに使いませんか?
そのお手伝いをさせていただきます(^^)

手作業で玉を割り、ヘタを切ります。 にんにく専用皮むき機で皮をむきます。 傷みのあるものがあれば、取り除きます。
手作業で玉を割り、ヘタを切ります。 にんにく専用皮むき機で皮をむきます。 傷みのあるものがあれば、取り除きます。
さらに小さな傷などをチェックし、削ります。 パッキングし、中の空気を抜きます。 できあがり!!(^0^)
さらに小さな傷などをチェックし、削ります。 パッキングし、中の空気を抜きます。 できあがり!!(^0^)

皮をむく手間が省けて、ゴミも出なくてラクチン。

品質もとても良く、粒の大きさも割合揃っていて使いやすいです。
大阪府大阪市 ミルメルシー様(フレンチレストラン)


いちいち皮をむく作業が無くなり
効率がUPしました。

その分を他の作業に回してます。
広島県福山市 都様(高級ステーキレストラン)


 

 

行政の調査とは別に独自に検査を実施しております。検査結果は「検出せず」でございます。
平成23年10月18日 株式会社日本総合科学(広島県福山市)に依頼した検査結果は次のとおりです。

※ ゲルマニウム半導体検出器を用いたガンマ線スペクトロメトリーによる核種分析法

※ 保存期間/冷蔵で約2週間

 

[並び順を変更] ・おすすめ順・価格順 ・新着順

30,240円(本体28,000円、税2,240円)

ちょっとお買い得な価格です。たくさん使われる方におススメ

15,390円(本体14,250円、税1,140円)

袋から開けたらすぐに使える便利なニンニク

3,132円(本体2,900円、税232円)

調理の時間と場所も取らない飲食店・料理人の強い味方